Part 76【迷いの世界から瞬時に 光の世界へジャンプする秘訣】

UPDATE2019-06-26

迷いの世界から瞬時に

光の世界へジャンプする秘訣

 

みなさん

感謝しています。

 

納税日本一、

斎藤一人さんの一番弟子、

柴村恵美子です。

 

令和になって

1カ月が過ぎましたね。

 

令和には

「美しい調和」

という意味が

込められているそうですが

 

今、段々だんだんと

当たり前の大前提が

当たり前じゃなくなってきています。

 

だから、今まで当たり前だった

大前提に

 

「本当かな?」って

考えるんだよ、って。

 

一人さんは言うんですね。

 

たとえば、

女性は結婚したら家にいて

家庭を守ることをすべきだ、って

 

それ、本当?

 

男性は外に出て働いて

女房、子どもを養うものだ、って

 

それ、本当?

 

女性は家にいちゃいけない、

と言っているんじゃないんです。

 

家で家事をしているのが向いてて

それが幸せだったら

家にいたほうがいいんです。

 

男性は家族を養っちゃ

いけないのではないんです。

 

今まで

当たり前だと思ってたこと

 

あなたの中の大前提

それに対して、

 

「それって本当なのかな?」

って。

 

そうすると

どうなるかというと

 

たとえば、

 

子どもには

いい学校に行かせたい

それが親の務めだと

思い込んでいるけれど、

 

それって

本当なんだろうか

と思ったとき

 

たとえば、

一人さんみたいな生き方が

あるんだなって

知ったとします。

 

学校に行かなくても

幸せな成功者になることが

できるんだ、って。

 

そうやって気づいたときに

子どもとの関わり方も

ちょっといい感じに

変ってくることがあります。

 

そうです。

 

当たり前の大前提に

「それ、本当?」って

疑問符を打つと

 

人生の選択肢の幅が

増えてきます。

 

いろいろある

選択肢のなかから

自分が「これだ」と

思うものを選ぶことができる。

 

それが、魂の時代の

「豊かさ」なのです。

 

サラリーマンは

毎日、会社に行くものと

思われているけれど

 

今はパソコンとスマホがあるから

会社に行かなくたって

仕事ができます。

 

土木工事とか建築の仕事って

ちょっと前まで

男の仕事だったでしょう。

 

でも今は、いい機械が出てきて

女性も男性と同じように

働けるようになってきました。

 

いろんな分野で

「こうすべき」「こうあるべき」

というシバリが

 

少しずつなくなってきていて

世の中をぐるっと

見渡すと

こたえがたくさんある。

 

生き方がより多様化

してきているんです。

 

そんな時代の流れのなかで、

多くの人は

 

AにしようかBにしようか

迷うこともあるかも

知れません。

 

そんなときは

ぜひ、こう思ってみてください。

 

Aの道を行っても

自分は幸せになる。

 

Bの道を行っても

自分は幸せになる。

 

どっちに行っても

自分は幸せなんだとしたら

 

私はどっちが

好きだろう

 

どっちがより

ピンとくるかな?

 

あなたの本当の気持ちを大切に

してあげてください。

 

そうすれば

うまくいきます。

 

あなたの「こたえ」は

あなたの中にあるんです。

 

それを見つけた瞬間

神さまが味方をしてくれて

幸せのシャワーが

ふりそそぎます。

 

なぜなら、

それは「神さまの方程式」だから。

 

あなたも

「神さまの方程式」を

見つけてみませんか?

 

私、柴村恵美子は

みなさんを応援しています。

 

追伸

 

7月に大阪と東京で開催する

斎藤一人 生成発展塾の

対面授業では、

 

神さまの方程式~「自分の中にあるこたえ」を

最短で見つける方法を

 

みなさんとシェアしたいと思います。

 

みなさん、対面授業でお愛しましょう。

Part 76【迷いの世界から瞬時に 光の世界へジャンプする秘訣】

2019-06-26

迷いの世界から瞬時に

光の世界へジャンプする秘訣

 

みなさん

感謝しています。

 

納税日本一、

斎藤一人さんの一番弟子、

柴村恵美子です。

 

令和になって

1カ月が過ぎましたね。

 

令和には

「美しい調和」

という意味が

込められているそうですが

 

今、段々だんだんと

当たり前の大前提が

当たり前じゃなくなってきています。

 

だから、今まで当たり前だった

大前提に

 

「本当かな?」って

考えるんだよ、って。

 

一人さんは言うんですね。

 

たとえば、

女性は結婚したら家にいて

家庭を守ることをすべきだ、って

 

それ、本当?

 

男性は外に出て働いて

女房、子どもを養うものだ、って

 

それ、本当?

 

女性は家にいちゃいけない、

と言っているんじゃないんです。

 

家で家事をしているのが向いてて

それが幸せだったら

家にいたほうがいいんです。

 

男性は家族を養っちゃ

いけないのではないんです。

 

今まで

当たり前だと思ってたこと

 

あなたの中の大前提

それに対して、

 

「それって本当なのかな?」

って。

 

そうすると

どうなるかというと

 

たとえば、

 

子どもには

いい学校に行かせたい

それが親の務めだと

思い込んでいるけれど、

 

それって

本当なんだろうか

と思ったとき

 

たとえば、

一人さんみたいな生き方が

あるんだなって

知ったとします。

 

学校に行かなくても

幸せな成功者になることが

できるんだ、って。

 

そうやって気づいたときに

子どもとの関わり方も

ちょっといい感じに

変ってくることがあります。

 

そうです。

 

当たり前の大前提に

「それ、本当?」って

疑問符を打つと

 

人生の選択肢の幅が

増えてきます。

 

いろいろある

選択肢のなかから

自分が「これだ」と

思うものを選ぶことができる。

 

それが、魂の時代の

「豊かさ」なのです。

 

サラリーマンは

毎日、会社に行くものと

思われているけれど

 

今はパソコンとスマホがあるから

会社に行かなくたって

仕事ができます。

 

土木工事とか建築の仕事って

ちょっと前まで

男の仕事だったでしょう。

 

でも今は、いい機械が出てきて

女性も男性と同じように

働けるようになってきました。

 

いろんな分野で

「こうすべき」「こうあるべき」

というシバリが

 

少しずつなくなってきていて

世の中をぐるっと

見渡すと

こたえがたくさんある。

 

生き方がより多様化

してきているんです。

 

そんな時代の流れのなかで、

多くの人は

 

AにしようかBにしようか

迷うこともあるかも

知れません。

 

そんなときは

ぜひ、こう思ってみてください。

 

Aの道を行っても

自分は幸せになる。

 

Bの道を行っても

自分は幸せになる。

 

どっちに行っても

自分は幸せなんだとしたら

 

私はどっちが

好きだろう

 

どっちがより

ピンとくるかな?

 

あなたの本当の気持ちを大切に

してあげてください。

 

そうすれば

うまくいきます。

 

あなたの「こたえ」は

あなたの中にあるんです。

 

それを見つけた瞬間

神さまが味方をしてくれて

幸せのシャワーが

ふりそそぎます。

 

なぜなら、

それは「神さまの方程式」だから。

 

あなたも

「神さまの方程式」を

見つけてみませんか?

 

私、柴村恵美子は

みなさんを応援しています。

 

追伸

 

7月に大阪と東京で開催する

斎藤一人 生成発展塾の

対面授業では、

 

神さまの方程式~「自分の中にあるこたえ」を

最短で見つける方法を

 

みなさんとシェアしたいと思います。

 

みなさん、対面授業でお愛しましょう。

今日のあなたを
応援する言葉